日本水機調査株式会社

上水道管内の不断水内視鏡カメラ調査

その他弊社取り扱い調査

 耐用年数(40年)を超えた水道管路が年々上昇しており(H27年度13.6%)、全ての管路を更新するのに130年以上要するといわれております。そこで弊社では、更新の優先度を決定するための情報収集および、更新以外の対応策検討など、長寿命化、管体調査のニーズ上昇への対応・管路維持管理への寄与するものといたしまして、メインのカメラ調査の他、既存技術の発展、管路維持管理業務の拡大に努めております。

Return Top